ジアミンフリーの白髪染めをはじめるなら市販品より通販で

ジアミンフリー白髪染め

ここでは、ジアミン成分を含まない
ノンジアミン・ジアミンフリーの白髪染めをはじめる人へ、
市販品よりも通販がいい理由を紹介
しています。

 

ノンジアミンで安心な白髪染めをすぐ見る

 

ビゲンヘアカラーや花王ブローネ、ダリヤ サロンドプロなど市販品を
はじめとする白髪染めヘアカラーに含まれる、アレルギー原因物質
パラフェニレンジアミン(PPDA)やパラトルエンジアミン(PTDA)などの
ジアミン系薬剤成分のことを、一般的に「ジアミン」と呼んでいますが、

 

一度、このジアミンで皮膚のかぶれやただれなどの経験があると、
再度ジアミン使用の白髪染めヘアカラーを使った時に、
最悪の場合、命にかかわってしまうような
強いアレルギー症状「アナフィラキシーショック」を
引き起こす可能性もあるということで、

 

白髪染めでかぶれた人も、そうでない人にも、
最近はジアミンが含まれていない「ノンジアミン・ジアミンフリー」の、
髪と頭皮に優しい白髪染めが注目を集めており、
ドラッグストアや薬局、ディスカウントストアやスーパー店頭で
販売されているその種類もどんどん増えていっています。

 

でも、「ノンジアミン・ジアミンフリー」の白髪染めをはじめて使うなら、
そういった店頭の市販品より通販で選ぶほうがおすすめ
なんです。その理由を紹介します。

 

ノンジアミン白髪染め「初めてなら市販より通販」その理由

ノンジアミン白髪染め「初めてなら市販より通販」

まず何故市販品でなく通販品がおすすめなのかというと、

  • 使ってみて自分に合わない場合、返品が出来る・返金保証がある
  • 初回割引等でドラッグストア等での購入よりも安く使い始められる

という大きなメリットがあるからです。

 

近所のドラッグストアでも売っているからと買ったノンジアミンの白髪染めは、
いくらジアミンアレルギーの心配がないからといっても、
自分の髪や肌に合わなければ使うことが出来ませんし、結局お金のムダになってしまいます。

 

その点公式サイトからの通販の場合、
自分に合わないと思ったとき、返品が出来る・返金保証がついているものも多く安心です。
またその使い心地が気に入れば、定期購入することで、ずっと割引価格で継続することも出来ます。

 

手軽に買えるからと近所の薬局などでノンジアミン白髪染めを買うよりも、
公式販売店からの通販なら、品質の点でもコスパの点でも安全で安心です。
内容の良いものをしっかり確認して購入するなら通販の商品が良いと思います。

通販でおすすめノンジアミン白髪染め2種

ノンジアミンの白髪染めでおすすめなのは、

  • 白髪染めトリートメント
  • 白髪染めシャンプー

の2種類です。男女ともに使うことが出来ます。

 

まずは「白髪染めトリートメント」、30代からの大人の女性に人気ですが
もちろん男性でも使えます。ノンジアミンで頭皮に優しい上、
髪の根元の白髪迄しっかり染めることができるので、

 

見えにくい部分の染め残しの心配もありません。
使うほどに希望の髪色に染まり、髪のツヤが増していくのが特長なので、
特に女性に人気が高いのもうなずけます。

 

手がるで使いやすく、手やお風呂場を汚す心配がありません。
市販品の白髪染めヘアカラーにありがちな刺激臭ではなく、
爽やかな香りにも癒されるのも人気の理由です。

 

次に「白髪染めシャンプー」。シャンプーするだけ徐々に白髪を染められる上、
髪の生え際や分け目などの髪の根元の白髪部分から、
襟足や後頭部など、自分で見えにくい部分の白髪まで染まるので、
染め残しの心配がありません。

 

シャンプーなので使い方は簡単ですし、香りも良く、
手やお風呂場を汚す心配もありません。

 

ただし白髪染めシャンプーなら何でもいいといわけではなく、
ジアミン不使用はもちろんのこと、髪や頭皮に刺激の強い
タール系色素や、パラベン等の成分無添加のものを選ぶことが重要です。

おすすめ白髪染めトリートメント:ルプルプ

ルプルプ

ノンジアミン白髪染めトリートメントで安心。

  • 紅花やクチナシ等の天然染料使用
  • ガゴメ昆布由来フコイダンの保湿で髪にツヤ
  • 公式サイトでの初回購入単品価格は税込み1980円
  • 公式サイトでの定期購入にすれば1本1620円送料無料
  • 定期の回数縛りナシで、いつでもやめられる
  • 1回目の使用でも白髪が染まりやすい

公式ルプルプ通販サイト:ガゴメ昆布の白髪染めを見る ルプルプ

おすすめ白髪染めシャンプー:グローリン・ワンクロス

グローリン・ワンクロス

ノンジアミン白髪染めシャンプー。

  • パラベン・香料・鉱物油無添加
  • 週一回のシャンプーで染まる
  • 公式サイトでの定期購入にすれば1本3,780円
  • 定期の回数縛りナシで、いつでもやめられる

週1回のシャンプーで若々しく!「グローリン・ワンクロス」を見るグローリン・ワンクロス

市販のノンジアミン白髪染めの種類

現在市販で手に入るノンジアミンの白髪染めには大きく分けて6つの商品ジャンルがあります。

  • 白髪染めカラートリートメント
  • 白髪染めカラーシャンプー
  • 白髪染めヘアマニキュア
  • ヘナ(天然植物カラー)
  • お歯黒式白髪染め
  • 白髪隠しヘアマスカラ

市販品でノンジアミンの白髪染め剤をうたっている商品のなかには、
ものによってはケミカルアレルギーや植物アレルギーの原因になる
成分が含まれている場合があるので、製品背面の成分表のチェックが欠かせないと思います。
また、それぞれにメリットとデメリットがありますので、以下に予備知識として紹介したいと思います。

白髪染めカラートリートメントのメリットとデメリット

ノンジアミン白髪染め、といえば今一番メジャーなのが
この白髪染めカラートリートメントだと思います。

 

いつものシャンプーあとの髪に塗布して数分程度の時間待てばOK.
染め残しの心配がなく、髪にも頭皮にも優しいため、
髪の根本の白髪まできれいに染めることができるのもメリットです。

 

使うたび自然な髪色に染めることができる上、トリートメント効果が高いため、
髪のごわつきの心配もありません。またヘアカラーによくある嫌なニオイの心配もなく、
無香や柑橘等の爽やかな香りのものも多いです。
手やお風呂を汚す心配がないのもメリットです。

 

反面デメリットをあげてみると、染毛力は弱いため、シャンプーのたびに徐々に色落ちします。
トリートメントという性格上、定期的に使用することを前提にしていることもあって、
髪色を維持するためにもこまめな使用が必要です。

 

ルプルプや利尻ヘアカラートリートメントなどをはじめ資生堂のプリオールやPOLA等からも
多くの種類の白髪染めトリートメントが発売されていますので、
マツモトキヨシやウエルシアなどドラッグストア等で見かけたことがある人も多いと思います。

 

なかでも人気の高い利尻ヘアカラートリートメントやルプルプなどは、
ドラッグストアや薬局などで購入するより通販購入がおすすめ。

 

初めての購入時に限りますが、
公式サイトでの通販で大幅割引価格で購入できるだけでなく、
また、使ってみて自分に合わない場合でも全額返金保証がついている
ので、

 

薬局やドラッグストア等で購入する前にチェックしておくと損がありません。

白髪染めカラーシャンプーのメリットとデメリット

従来のシャンプーと同じように髪を洗うときに使うだけで、
白髪を徐々に目立たなくすることができるのが白髪染めシャンプーです。

 

いつものシャンプーのように使うたびに少しずつ髪を染めていくので、
手軽で便利、使いやすいというメリットがあり、また染め残しの心配がないので、
生え際の白髪も気にならなくなります。手やお風呂を汚す心配がないのもメリットです。

 

ただし、一度の利用で染まるわけではなく、希望の色に染まるまで
何度かシャンプーを使用する必要があることなどのデメリットがあります。
また、商品によっては、ジアミンやタール系の色素、パラベン等を配合しているものもありますので、
必ず成分表をチェックしてから選ぶようにしましょう。

 

また白髪染めシャンプーを使ってから、通常のヘアカラーを使用すると
緑色のような変な色になったりして上手く染まらなくなる場合がありますので、
白髪染めシャンプーを使用している場合、ヘアカラーの使用はあきらめたほうが無難です。

白髪染めヘアマニキュアのメリットとデメリット

半永久染毛剤のヘアマニキュアは、髪の毛の表面を
コーティングするようにカラーリングする染毛剤です。

 

有名なところではサロンドプロなどの家庭用ヘアマニキュアがあり、
ドラッグストア、薬局、ホームセンター、スーパーなどで販売されていて
安価で買うことができるメリットがあります。

 

また、好みのカラーが選べるため、自然な髪色にすることができるのも
ヘアマニキュアの大きなメリットです。

 

ただし、色持ちは2週間から4週間程度と、
永久染毛剤である白髪染めヘアカラーと比較すると、色落ちは早いです。
またお風呂等に着いたヘアマニキュアの汚れはなかなか落ちませんので注意が必要です。

 

またヘアマニキュアはジアミン不使用であっても、
ヘアマニキュアには「タール系色素」を使用しているものもあり、注意が必要です。
タール系色素は「〇色〇号」など、色名と数字で記載されており、
アレルギーや発がん性が疑われる成分でもありますので内容成分のチェックは必須です。

へナの白髪染めのメリットとデメリット

天然植物の白髪染めカラー「へナ」は、ノンジアミンで髪と頭皮に優しく、
髪へのコンディショニング効果もあるというメリットを持っています。

 

東急ハンズやロフト等のバラエティショップでソワンカラーヘナや
太陽と大地のヘナなどが安価で販売されていますが、
その使い方に大きなデメリットがあります。

 

ヘナの粉をぬるま湯に溶かしてペースト状にしてから髪の毛に塗布し、
1時間程度放置ししたあと洗い流す、という工程が必要です。
ヘナのペーストを作る際に用意するものも多く、面倒です。
平たく言えばとても手間と時間がかかるため、時間が取れない人には不向きです。
またペーストの固まりが洗面台やお風呂の床に付いた場合、
その部分の色汚れが落ちなくなるので注意が必要です。

 

へナは天然植物ですので、独特のハーブのニオイがあり、
それが染毛後数日続くことや、植物アレルギーの方には向かない、というデメリットがあります。
体調が優れないときの使用や、妊娠中の使用は避けたほうが無難です。

 

また、市販品のへナには「天然100%」「ヘナ配合」をうたっていても、
ジアミンをはじめとする化学染料が含まれている場合がありますので、
配合成分のチェックは必須だといえます。

お歯黒式白髪染めのメリットとデメリット

現在の市販品には「マロン マインドカラー」(シュワルツコフ ヘンケル)という商品があります。
1剤と2剤を混合することで出来る化合物によって髪を染める、「非酸化染毛剤」です。

 

カラーバリエーションは3色(自然な黒褐色、ソフトな黒褐色、明るいブラウン)があり、
ノンジアミンなので、ジアミンアレルギーの心配がないというメリットがある反面、

 

ただしチューブ式で、1剤と2剤を混ぜる手間があることや
硫黄のような独特のニオイがあること、染毛後パーマがかかりにくくなったり、
髪がごわついてくるなどのデメリットがありますので、ロングの髪には不向きです。

白髪隠しヘアマスカラのメリットとデメリット

白髪隠しヘアマスカラは、伸びた髪の白くなった根元を
ピンポイントで隠す事ができる、便利な白髪隠しアイテムです。

 

髪表面に塗布するタイプで、速乾性のため出かける前でも使えたり、
コンパクトなサイズで使いやすく、手を汚す心配がありません。

 

デメリットとしては、髪表面に塗って一時的に隠す性質のものなので、
シャンプーで簡単に落ちることや、長期使用には不向きな点が挙げられます。

まとめ

ノンジアミン白髪染めはいろんなメーカー、ブランドから発売されていますが、
継続して使い続けることで、白髪を根元からきれいに染めることが出来るアイテムです。

 

ノンジアミン白髪染めはジアミンアレルギーのリスクを心配しなくていい分、
市販のヘアカラーやヘアマニキュアよりは値段が高いですが、

 

皮膚や体への重篤なアレルギーやトラブルを回避する、
安全と安心の分を上乗せした価格だと考えるべきだと思います。

 

その上で、できるだけ抑えた価格で
ノンジアミン白髪染めを安心して使い続けるためにも、
市販購入よりも、公式販売サイトからのネット通販を賢く活用していくほうが得策だということですね。

 

ノンジアミンで安心な白髪染めをすぐ見る